TOPページ > ETCカードの基礎知識 > ETCの利用方法 > 通行レーンの見分け方

通行レーンの見分け方

ETC対応の料金所には、ETC対応レーンと非対応レーンとがあります。

ETCを利用するためには当然ETC対応レーンの方を誤りなく確認し、通過する必要があるわけですが、この区別はどのようにつければ良いのでしょうか?

料金所エリアの手前には、必ずETC対応レーンの位置を示す、緑色の案内看板が設置してあります。

ETCを利用して料金支払いを行う場合には、事前にどのレーンに進入すれば良いのかを確実に確かめましょう。

間違ってETC非対応のレーンに進入すると、ETCが使用できないばかりか、先行車との追突事故を起こす原因ともなりかねません。

タイプで選ぶ

デザインで選ぶ

目的別に選ぶ

クレジット会社で選ぶ

ETCの通行レーンについて

ETCを使って料金清算をする場合には、 もちろんETCに対応したレーンを選んで通...

ETC専用レーンについて

ETCに対応した有料道路の料金所のETC対応レーンは、 『ETC専用レーン』と『...

ETC/一般共用レーンについて

ETCに対応した有料道路の料金所のETC対応レーンは、 『ETC専用レーン』と『...

ETC未対応料金所について

全国ほとんだの有料道路で使用が可能となってきてはいますが、 ETC対応のレーンが...

出口がETC未対応の場合について

有料高速道路の料金所通過する場合、 入口では、ETC対応だったのに、 出口では、...

入り口がETC未対応だった場合の対処

有料道路の料金所の、入り口はETC未対応で、 出口はETCに対応しているというケ...

通行レーンの見分け方

ETC対応の料金所には、ETC対応レーンと非対応レーンとがあります。 ETCを利...

ETCカードの基礎知識

運営者情報

免責事項

お問い合せ

リンク・相互リンク

最近のETCカードの種類は多岐にわたります。そんなETCカードの詳細を比較するなら、「ETCカードの比較・申込みならクレジットガイド!」にお任せ下さい!