TOPページ > ETCカードの基礎知識 > ETCについて > ETC搭載車による自動車けん引の注意

ETC搭載車による自動車けん引の注意

車載器のセットアップ時に、申込書の「けん引の有無」にチェックを入れ、けん引登録しておくとほかの自動車をけん引しながらETCレーンを通過することが可能になります。

急な故障などで、この登録を行っていない自動車でのけん引を行った場合は、けん引が未登録になる為ETCレーンを通過することはできません。

しかし、申し込み時にけん引登録をしていない自動車は、一般レーンで現金ではなくETCカードを渡せば、ETCレーンを通過した場合と同じ精算をしてくれますよ!!

タイプで選ぶ

デザインで選ぶ

目的別に選ぶ

クレジット会社で選ぶ

ETC搭載車による自動車けん引の注意

車載器のセットアップ時に、申込書の「けん引の有無」にチェックを入れ けん引登録し...

自動車が2台以上ある場合

自動車が2台以上ある場合にETCシステムを導入する時は、 同じETC車載器を載せ...

ETCレーンの制限速度について

有料高速道路の料金所のETC対応レーンでは、 ETCカードのETC車載器へのセッ...

ETCレーンでの車間距離

一般道路でも当然のように言えることですが、 ETCレーンでは必ず十分な車間距離を...

ETC装着車による回数券等の利用

ETC装着車でも、有料道路で従来から用いられている 回数券やハイカを利用すること...

海外とETC

国内では完全に規格の統一されたETCは、 全国どの有料道路でも共通して利用するこ...

料金所の機器のエラー発生時

自動車に搭載したETCやETCカードに問題がなくても、 料金所の機器側にトラブル...

ETCカードの基礎知識

運営者情報

免責事項

お問い合せ

リンク・相互リンク

最近のETCカードの種類は多岐にわたります。そんなETCカードの詳細を比較するなら、「ETCカードの比較・申込みならクレジットガイド!」にお任せ下さい!